格安SIMの利用者数と人気モバイル

格安SIMを利用すれば、大手キャリアのスマートフォンより安い料金で利用できるようになります。
そのため、キャリアから乗り換える人の割合も増加しているようですが、実際の利用者数が気になります。
ここでは、格安スマホの利用者数などを見てみましょう。

格安スマホや格安SIMを利用しているユーザーの割合

これから格安スマホへの乗り換えを考えている方、また、安い料金のスマートフォンに興味がある人の中には、どのくらいのユーザーが利用しているのか、その利用者数が気になる方も多いはずです。
ここでは、MM研究所の統計結果をもとに紹介します。
MM研究所では2017年9月1日~9月7日の期間に、15歳~69歳の男女42,784人を対象にして、「格安SIMサービスの利用動向調査」を実施しています。
その調査結果では、格安なスマートフォンをメインに利用しているのは、全体の8.5%いました。
昨年10月の調査では5.8%でしたので、それから比べると増加傾向にあります。
また、格安SIMサービスの認知度については89.1%、内容を理解している方は47.5%です。
そして、メインで利用している格安なSIMサービスとしては、「楽天モバイル」、「mineo」、「OCN モバイルONE」が上位を占めています。
格安SIMサービスの契約プランについては、音声プラン62.3%、データプラン37.7%と、どちらかというと音声をメインに使用する人が多い結果になりました。
さらに、格安SIMサービスで利用しているデバイスについては、Androidスマホ56.4%、iPhone29.7%と、Androidスマホに軍配が上がっています。

メインで利用されている格安スマホについて

上記でも紹介しましたが、多くのユーザーが利用しているのが楽天モバイルです。
楽天モバイルでは現在キャンペーンを実施しています。
楽天モバイルのスーパーホーダイを2年契約で申し込みすると、セット端末の料金から10,000円の割引があり、さらに、SIMのみ契約した方は10,000円相当のポイントをもらえます。
また、OCNモバイルONEは、年末年始のモバイル紹介キャンペーンを行っています。
これは、キャンペーン期間中に紹介でOCN モバイル ONEに新規の契約を行うと、紹介した方、紹介された方それぞれ、最大1,700円分のAmazonギフト券をもらえます。機種変更したいという場合の参考にしていただければ幸いです。

関連記事