格安SIMと格安スマホについて


格安SIMと格安スマホ

格安スマホの利用には欠かせない格安SIMですが、これらはそれぞれ強い関連性を持っています。
具体的に、格安スマホと格安SIMというのはどのような関係になっているのか、どのような結びつきがあるのかということを解説しましょう。

■格安SIMと格安スマホ
まず、格安SIMとはMVNOが定格で取扱をしているSIMカードのことを示しています。
MVNOというのは回線を借りて通信事業を行っている業者なのですが、格安SIMを取り扱っていると大雑把に認識しておけば問題ありません。
そして、格安スマホというのは本体その物の値段が安いという端末を指し示すと同時に格安SIMを用いる事で毎月の使用料金が安いスマホという意味を示してもおり、言ってみれば総合的に安く利用する事が出来るスマホ、と認識しておけば間違いないでしょう。

■格安スマホの定義について
MVNOでは格安SIMだけではなく、SIMとセットでスマホ端末を販売していることもありますのでこの場合も格安スマホ、という風に呼びます。
しかし、ここで重要になってくるのはスマホがどのようにして安くなるというかではなくSIMカードの契約プランの安いというところが重要なんですね。
というのも、元々三大キャリアのスマホを持っていて格安SIMに乗り換えようとする時に、契約を端末の物を残しておくとするとSIMロックという制限解除が必要になる場合があるんですね。

■SIMロック解除とは
SIMロックの解除は、端末が他の会社の回線を利用する事が出来ないように制限している物なのですが、これを解除しないと格安SIMを入れても回線利用が出来ないんですね。
解除は、端末の販売元で解除出来ますので相談してみましょう。

格安SIMはなぜ安いのか


なぜ安いのか

格安スマホの利用には、格安SIMが欠かせないのですが何故格安SIMというのは大手キャリアのSIMと違って格安で利用する事が出来るのでしょうか。
今回は、そんな格安SIMの安さの秘密を解説していきましょう。

■格安SIMは何故安いか
他のSIMカードと、このように値段を差別化する事が出来るのはなぜかというのは気になるでしょうね。
SIMカードを安くする事が出来るのならば、大手キャリアはぼったくりになりますし、逆に大手が適正値段であるのならば格安SIMは何か怪しいのではないか、という風に裏を勘ぐってしまうでしょう。
まず、そもそも格安SIMを安く提供する事が出来る理由はMVNOというのは回線を借りる際にキャリアからまとめて借りているんですね。
おまけに、設備も大手キャリアが持っているわけですから最低限の設備で運営し維持費用が少ないのです。

■格安SIMのデメリット
まず、一番のデメリットは回線を借りているためその運営している業者での回線量が決まっており、回線数が少ないのでどうしても混雑しやすいというところが多いんですね。
なので、通信速度もやはり落ち気味になってしまいますし店舗数も少なく言ってみれば通信サービスなどがどうしても不足しがちになってしまうというデメリットもあるのです。
とは言え、基本的にWi-fiなどを用いている人にはあまりそれもデメリットにならないことが多いです。

■格安SIMの有効活用
言ってみれば、通信能力の脆弱性が格安スマホの弱点なわけですが普段はWi-fiを使うというように工夫することによって格安SIMを用いたスマホのデメリットを解消する事が出来ます。
格安SIMは賢く使えばデメリットを消し、メリットだけを使えるのです。